小宮やすゆう オフィシャルサイト やすゆう君の音楽ルーツ vol.2

長門芳郎インタビュー長門芳郎インタビュー

小宮やすゆう オフィシャルサイト やすゆう君の音楽ルーツ vol.2

Column

やすゆうくんの音楽ルーツ

vol.2 リティッシュインヴェイジョン以前音楽界...(2015.12.17)

やすゆう君が音楽に夢中になったブリティッシュインヴェイジョン以前音楽界に君臨していたのはキング エルビスでした。
小学校高学年のころ従姉妹に連れられて映画館で見て渡り鳥シリーズの小林旭とエルビスの映画はとてもつまらないもので興味が持てません。エルビスが軍隊に入りミュージックビジネスのぽっこり開いた空白に入り込んできたのがビートルズを筆頭にしたイギリスのポップグループ、所謂ブリティッシュインヴェイジョンです。
 
ビートルズ等とエルビスの時代の音楽の違いが決定的なのは前者は自分で作曲し演奏し歌い、後者はプロの作品を歌うだけ。ビートルズがオリジナルを作らないとしたら魅力が失せてしまいますよね。詰まりビートルズが僕達に初めて歌いたい曲は自前で出来ますと教えてくれたんです。ビートルズの育ったリバプールはマージー川沿いの貿易港です。アメリカ帰りの船員たちが当時最新 のアメリカンポップの音源を持ち込んだことでしょう。首都ロンドンから離れた周辺だからこそ文化的コンプレックスがパワーとなりマシューストリート当たりにたむろする若い連中が雨後のタケノコの如くロックグループを組んだのでしょうね。ビートルズはドイツハンブルグに遠征しステージテクを得てデビューに向かいました。ロンドンっ子だったらハンブルグなんぞへ絶対行ったりしないでしょうから。
さてやすゆう君はダブリンから大型フェリーに乗り込みリバプールへ。マージー川を遡ると川沿いにリバプールのシンボルの時計塔が見えた時は嬉しかったな。続く