小宮やすゆう オフィシャルサイト やすゆう君の音楽ルーツ vol.3

長門芳郎インタビュー長門芳郎インタビュー

小宮やすゆう オフィシャルサイト やすゆう君の音楽ルーツ vol.3

Column

やすゆうくんの音楽ルーツ

vol.3 ビートルズがアメリカデビューしたのは1964年2月の事じゃった...(2015.12.18)

ビートルズがアメリカデビューしたのは1964年2月の事じゃった。
それ以来イギリス勢は大挙してアメリカに攻勢をかけて来たんだ。この頃はブリルビルディングの作曲家達も大慌てだったんじゃないのかな。次々とビートルズがヒットチャートを駆けて行った時迎え撃つアメリカで果敢に立ち向かったのは三人の女性陣、ダイアナ、フローレンス、マリーのシュプリームス。Where did our love go邦題 愛はどこへ行ったの をかわきりに快進撃が続き12曲の全米ナンバーワンヒットを放ちました。発売元はデトロイトのインディーズレーベル モータウン。マーサとバンデラス、テンプテーションズ、4トップス、マーヴィン、スティビーワンダーなどなど。強烈なビートで子供の僕らをノックアウトしたのです。
 
モータウンの強さはHDH、スモーキーなど素晴らしい作曲家達とレコーディングチームの完全分業制でGMの組み立てラインの如くヒットチューンを生産して行きました。レコーディングチームの 中でも特に注目すべきはベーシストのジェイム ジェマーソンのベースラインのグルーブ感です。ベニーベンジャミン、リチャード ピストル アレン、ユリエル ジョーンズのドラム陣、ジャック アシュフォード、エディ ボンゴ ブラウンのパーカッション陣、ジョニー グリフィス、アール ヴァンダイク、ジョー ハンターのキーボード陣、そしてエディ ウィリス、ジョー メッシーナのギター陣。どこを取っても金太郎飴のような素晴らしいミュージシャンを称してファンクブラザーズと言います。
2002年ファンクブラザーズのドキュメンタリーが映画となって公開されました。邦題 永遠のモータウンStanding in the shadow of Motown これは必見ですぞ。ジョン セバスチャンのDo you believe in magic?はマーサと バンデラスのheatw aveをモチーフに出来た曲と本人が言っておりました。