小宮やすゆう オフィシャルサイト やすゆう君の音楽ルーツ vol.18 1969年シンガーソングライターの時代

長門芳郎インタビュー長門芳郎インタビュー

小宮やすゆう オフィシャルサイト やすゆう君の音楽ルーツ vol.18 1969年シンガーソングライターの時代

  • トップ
  • >
  • コラム
  • >
  • やすゆう君の音楽ルーツ vol.18 1969年シンガーソングライターの時代

Column

やすゆうくんの音楽ルーツ vol.18 1969年シンガーソングライターの時代

vol.18 1969年シンガーソングライターの時代(2016.3.3)

1969年春僕は大学進学のため上京する。
楽しいはずの大学は学生運動の真っ只中でバリケードで封鎖されていた。
大学の正門で学生証と通行証を公安に提示してクラスの授業が始まろうとすると学ヘルの軍団が突入し授業ボイコット。休講が続く。
ビートルズは解散し巨大野外フェスのニュース。
世の中は学生運動の嵐、ベトナム戦争は徹底的に泥沼化。
 
そんな時代に一枚のレコードが発売される。
1970年リリースSweet Baby James。心地良いアコースティックギターと穏やかな声。James Taylor登場。その2年前1968年にアップルレコードから出されたデビューアルバムよりも癒しをコンセプトした穏やかさがあった。
より内省的な世界、シンガーソングライターの時代が始まった。