小宮やすゆう オフィシャルサイト やすゆう君の音楽ルーツ vol.22 布矢文夫

長門芳郎インタビュー長門芳郎インタビュー

小宮やすゆう オフィシャルサイト やすゆう君の音楽ルーツ vol.22 布矢文夫

Column

やすゆうくんの音楽ルーツ vol.22 布矢文夫

 
https://youtu.be/0Buhjgwg2wM
 

vol.22 布矢文夫(2016.3.23)

田村恭信さんがつぎに我が家に訪問された時一緒に来られたのは布矢文夫さん。
日比谷の野音で聴いたことがあった。
ブルースバンドで圧倒的なボーカルで歌っていた人だ
。謙虚で控えめな物腰だがいったんギターを手にして歌い出すと ボンビー長屋の住民達はさぞビックリしたことだろう。布矢さんのボーカルが炸裂、この時は僕も焦った。OMG、しかし苦情は来なかった。
 
数ヶ月後矢野誠、田村さんの二人がギターとピアノで布矢さんの空のベッドのブルースをスタジオで録音。その時矢野誠さんはレオン ラッセルを意識したようなフレーズだったことを憶えている。布矢さんはその後悲しき夏バテ、ナイアガラ音頭で大瀧詠一さんの作品に登場する。
 
今思えば布矢さんには南部サウンドの渋いバラードの作品を歌っていれば上田正樹のような愛されるバラード歌手として成功していたかも知れない。決してイロモノではない 素晴らしい歌唱力がありながら良い作品に巡り会えなかったことが残念に思います。体調を崩し闘病中にかかわらず晩年までステージに立ち歌い続けた布矢さん。ご冥福を送ります。